スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

『大学で何を学ぶか』浅羽通明 ③

 この本の中で浅羽さんが大学に皆がどうして行き、行ったメリットは何であるのか
を説明するのに 『お伊勢参り説』 を述べた。

 江戸時代に、一生に一度はおいでお伊勢参りと言われた観光は
江戸時代の人々の世界旅行といってもよい旅であった。

 この旅に一緒に出かけて同じ体験をして、同じものを学ぶ人たちは
お伊勢さんから返った後も長く友人としてつきあったと
言われていることを例にあげて大学もこれと同じであると述べた。
 
 同窓生、同窓会のような感じである。

実はこれもインターネット普及以前と以後で考えると
良くわかる話なのである。
現在、インターネット上では趣味をともにする人々が
ネットワークを作っている

 たとえばその最王手は mixi である。
mixi には コミュニティーと呼ばれる趣味が
あう人達のグループがある。

現在 このmixiが人気が高いのも、同じ趣味、趣向
ともにした人たちで集まりたいという願望があることの
表れなのである。

 ネット以前にこの若者の願望の捌け口になったのが
大学でのサークル・同好会との出会いであるのだ。 
だから大学では同好会、サークルなどが盛んであったし
また多くの人がたくさんあるサークルから自分にあったものが
ないかを期待したのだ。

大学には全国から人が集まっているというのも魅力であった。

だがこれも現在のインターネットが出現でお互いの趣味・趣向
が合う人同士がネット経由で知り合うようになっている。

 団塊ジュニア世代が大学を目指したのも
こういうコミュニティーが大学には大学にあると思っていたからだ。

義務教育の中学まではこういうコミュニティーは
なかったし、また許されてもいなかった。

高校になり少しこのコミュニティーが存在した。

大学になればさらにこのコミュニティーの多様化が
進むのではないかと期待したからこそ
多くの人が大学にいったのだ。


特に若い人は自分の好きなコミュニティーに属すと
心地よさに憧れる面が強い。


だから現在 mixi にはたくさんの高校生
参加しているのもその表れなのである。


   

『大学で何を学ぶか』浅羽通明 ②

 浅羽さんの考え方が面白かったで、その当時 浅羽さんが書いた本を
すべて買いそろえた。

 この本『大学で何を学ぶか』もっともな特徴は学問とはオタクと一緒で
  数学マニア、歴史マニアというようにマニアなんだよ!ということだろう。

 学問をしている人からすればとんでもない。
我々がやっていることはオタクのようなものとは違い世の中の
役に立っていると反論する人がいるかもしれないが、

 外部の人から見ればまったく変わらない教養オタクなのだと
言える点である。

 実際にこの浅羽さんの考え方はネット社会になっている現在
こそもっとも当てはまる状況になっている。

インターネット以前であれば、大学での論文の指導、問題提起の
あり方などが社会人になってもほんの少し役に立っていたが
ネット以後になると大学で学んだことと、社会で活躍できること
になんらの因果関係もなくなってしまったのだ。

 なぜならば社内の中で当然のようにメールを使う仕事を
することになって、誰もが当たり前のように文章力を向上させた
からである。

 インターネット以前であれば、多くの人に書く機会、発表する
機会がなかったから、それならば大学で卒業論文でも作って
一通りの説明をすることは役に立つ経験であった。
つまり文章力と説明力の向上にはなっていた。

インターネットが普及した時代になってはその訓練は
日常の中でできるようになったのである。

またインターネット普及以前の大学のメリットは
情報を取得できること。また取得する練習をすることにあった。

 大学の図書館という有効な情報収集場所もあれば
その本をどのように探すかなど、大学に行かない人よりは
慣れているので探すのも少しは早いのだ。

だから会社勤めで何か調べることがあっても図書館を利用したり
会社の資料室を調べたりすることができるが、
大学に行かなかった人はそういうことをしていなかったので
いきなり調べろといっても大学に入学したての一年生と同じ
ように戸惑ったりするのだ。

それがインターネット以前には有効であり、大学にいくメリット
あったがインターネット以後はこれが一遍する

誰もがメールで文章を書くようになり、明らかに文章力は上達した。
またネット検索できるので図書館の役割も大幅に減ったのだ。

図書館で情報を取るというのはネット上や通常の本屋さんにない
限られた情報になっている。

しかしこれも世界最強企業の1つ Google社がデータベース化を
急いでいる。

 現在ほど大学が社会に対して、特に優秀な社会人を輩出すると
いう面で差別を打ち出せない時代はないのだ。




 

『大学で何を学ぶか』浅羽通明 ①

 この大学で何を学ぶかは、1996年に発売された。

折しも大量の学生数を誇る団塊ジュニア世代が就職を始めたり来年に控えている
状態の時である。
 バブルがはじけて、世の中が就職難になりつつの時代であった。

またこの本が出たの前年にWindows 95が出て
インターネット時代の幕が開けて間もない時期であった。

この本を現在 見直して見ても面白く読める本である。
また現在では当然のように語られている内容がその当時は斬新に聞こえた
ものもある。

 稲穂黄金はこの本に出会ったのは2000年を過ぎた後である。

この本は発売当初も話題があったがその時は読もうとはしなかったのであるが
それから数年経って本屋に立ち寄ったときにパラパラとみたら

この浅羽さんという方の考え方が面白かったので早速買った記憶がある。

金持ち父さんのビジネススクール ロバートキヨサキ⑦

 ネットワークビジネスは今でも有効であるだろう。

しかし現在においてはそれ以上のスピードでインターネット間の
情報伝達力がそれを凌駕していると言ってよい。

ネットワークビジネスはインターネット以前においては本当に強い
ビジネス形態であった。他に比べて情報の伝達力が強かったのだ。

インターネット普及してくると情報伝達力はインターネットの後塵を
きすことになるだろう。
これからの金持ちはインターネットを縦横無尽に活用した人が
なるだろう。

もちろん最初にも述べたがネットワークビジネスもいまだ効なビジネス
の1つではあるだろう
プロフィール

inahokogane

Author:inahokogane
稲穂黄金です。
このサイトでは数千冊の本を読ん
できた稲穂黄金がお勧めの本を
紹介します。
ロバートキヨサキ 渡部昇一先生
日下公人さん 仮谷 ユイカさん
新堂 兄弟さんなど多数
--------------------------
32歳までシステムエンジニアとして
携帯・大型システム・分析アプリな
ど数々の仕事の第一線で活躍

対応できる言語はC/C++/C#/VC/VB/
Cobol/SDK(Win32)/Java/OpenGL
/3Dプログラムをはじめ携帯の
仕事も数多くこなしてきた。
ActionScript/phpのWebもこなす
携帯OSではITRONから始まり
Linux/Symbian/Brewなどほとんど
の言語/環境の仕事をこなす

20代の頃から大規模システムの
主設計を行い多くの困難な大規
模システム設計を成功させてきた

東京理科大学理工学部数学科で
数学を学ぶ。大学にはほとんど
いかず放浪し好きな本を読みたい
だけ読んでいた。平日から本を
バックに数冊しまい、東京中の
庭園/美術館/古本屋を始めとする
名所を散策する。

その場所々々にある喫茶店に
立ち寄っては本を読み、ノートに
考えを書き留めていた。
まさに稲穂黄金の放蕩 黄金時代

学生時代に集めた本2千冊以上
6畳の部屋の主役はまさに本で
あった。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。